はい!チーズ




実家のばあ(祖母)の部屋には、写真立てがいくつか並んでいて



そのうちの一つに二枚の写真をつなぎ合わせて一枚にしている写真があります。



つなぎ合わせているうちの一枚は

ややピントがあっていない、浴衣を着て座っているじいちゃん


もう一枚は


同じ柄の浴衣を着て座っているばあ。



最近母から聞いたのですが

私が生まれる少し前、じいちゃんの定年のお祝いに二人で旅行に

行ったとき旅館で撮ったもので、


二人きりだから、2ショットが撮れなくて、

お互いを一枚ずつ撮ったのだそうです。



それを聞いて、

仲居さんに頼んで二人で並んで撮ってもらえばよかったのに

と、思いましたが


不器用というか、どんくさいというか、


それを私はまんま受け継いでしまっているのですが・・・


でも、二人の顔は楽しそうで


そしてきっと、楽しそうな顔でカメラを持っている二人も

それぞれ、その対面に


いるんやなと思うと、素敵な写真やなと思いました。


その写真が2ショットになったのは、

もう15年くらい前になりますが、じいちゃんが亡くなった後でした。

ばあが、二枚をつなぎあわせて自分の部屋に飾ったのです。




私はカメラを向けられると、うまく笑えないから写真は苦手だけれど

最近、家族写真や記念写真っていいなと思います。



平面の写真に記憶や思いを重ねて見ると


専用眼鏡がなくても3Dのように飛び出す!というわけではないけれど


なんだか、ぐっとそこに写っている人を近く感じるようなきがします。


それを見てなんだか頑張れたり。


でもまあ、どんな写真でも実際に会うことにはかないません。


どれだけ会いたいと願っても会えないときもあるのだから



まずは、家族にも友人にも会えるときには、自分から会いに行く。


そして、写真をパシャリと一枚、



うまく笑えない自分でも、せっかくだから一緒に入って



パシャリと、もう一枚。



めっちゃ、笑顔ひきつってる


でもいいか。





















 

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック