イモほり






今日のイラスト



GOOD MORNING.






ざりがに

夏が終わって

夜少し涼しくなると、すっと心に隙ができて
昔のことなど思い出したり、亡くなったばあ(祖母)のことを思い出したり。


ばあが亡くなって少し経って、

実家にある、ばあの部屋に入ったときのことを思い出しました。

私は「ばあ」と声をかけて、やっぱり返事はないなと思って

ぼーっと部屋を眺めていました。


ばあの前では、いい大人の自分も、

どうあっても、いつも幼いはな垂れ小娘でした。

しゃがんでもう一回「ばあー」と子供っぽく呼んでも

その言葉は、

部屋の隅に吸い込まれていきました。

まだ、着ていた服もあるし、メガネや、書いた文字もある、足音の特徴も

覚えている。

「だっぴでもしたんか」

はな垂れ小娘は思いました。

「服も、文字も、
全部、脱ぎ捨てて、だっぴしたんや

あれや、ざりがにとかヘビとかがするあれや!」

と、わざわざ子供っぽく思ってみたけれど、

別に脱皮であろうが、なかろうが、

どっちでもいいことで。

それよりもう一回くらいぽろっと

何かのはずみで会えたりしないかとか

漫画の世界のようなことも思ってみたり。


人の生き死には、どう意気込んでも掴みようもない

ことで、

ただ、会いたい人にもう会えないということは

本当に寂しい

ということです。


余談ですが、小さい頃は、

母親の「あんたたちはショートカットがよく似合う」
という謎な言葉のもと、

私と妹は和田アキ子のようなショートカットでした。



和田アキ子Aと和田アキ子Bとザリガニの風景。







 

生活の柄2


いも いも いも。






 

生活の柄1



はさみ はさみ はさみ。






今日のイラスト



ソーメン。






今日のイラスト



私は、これといって楽器が弾けません。

小学校の演奏会では、いつも、その他大勢のピアニカ、リコーダー組でした。

はな垂れ小娘は、花形の木琴や鉄琴を弾くクラスメイトに憧れていました。

特に木琴。

一度は、バチを持って、トゥルルルルーっと素敵に木琴を連打してみたかったのでした。


リコーダー、Yeah!





大人



ふと思う
 

どうせ大人になるのなら、もう大人だけれど
  

子供に大人になるって楽しそうと思われる大人になりたい。


若者が見てワクワクするような大人になりたい。


なりたいなあ。







 

これからのこと



震災から4年

被災地には未だ解決できていない問題は山積みで、

また福島の複雑な現状や、

簡単に答えの出せない問題が沢山あります。

そしてまだまだ被災地について知らないことが多い自分。

そんな中でも過ぎていく日々。


東北や福島の現状に対して改めて思いを巡らせ

ない脳みそをしぼってみたけれど、難しい問題には太刀打ちできず、

もやもやするなかで自分に出た考えは、

情けないけれど幼稚で当たり前すぎることくらいでした。


「だれでもみんな、

嬉しいことは、大きいことでも小さいことであっても、一つでも多い方がいい。

悲しいことは、大きいことでも小さいことであっても、一つでも少ない方がいい。

自分だってそう。」

一人の人を数秒笑顔にできたところで、

全体の大きな問題がすぐに解決できるとは思いません、

でも、そのたった一つの笑顔をなめたらあかんと思いました。

少なくとも、だれかの嬉しいことが笑顔が確実に一つ増えたのだから。

もしかしたら、次の日それがまた別の誰かを一瞬笑顔にできるかもしれないし、

そしてまた別のだれかも。

また、逆も然りですが。


では、今自分に何ができるのか。

小さなことでも、自分なりにできることは。




今日のイラストは

記憶写真のようなイラストです。

2月の渡辺俊美さんの「夜ノ森」というイベントのライブの様子。


夜ノ森とは俊美さんの故郷、福島県双葉郡富岡町にある地名です。

原発7キロ県内に位置し、今も帰ることのできない場所です。


俊美さんは、全国の各地で歌い、福島の話をされています。


ライブで俊美さんは、どんなことがあっても

最後は人と人とのつながりが大事だと言っていました。


この日、会場にいた人達は、いっぱい笑い、いっぱい歌い、

そして胸に温かいものを抱えていつもの自分の生活に戻っていきました。

一つの笑顔が次の笑顔を生むかもしれない、


そのちいさな可能性をなめたらあかん。

友達を想うように被災地を想う。


友達が笑ったら、やっぱりうれしい。








tamago


今日のイラスト「tamago」


改めてよーく聞くと、

生たまごを割って器やボールに入れる音ってなんか面白いです。


トンッ、ガシャ、(机で殻を割る)

がふひゃこっ、(殻を開く)

ぱしゃんっっ。(ボールに入れる)


擬音には個人差ありますね。


チャッチャッチャと混ぜる音、好きです。

ジューって焼く音も。